学生ローン.com
貸金業法の一部を紹介


1.総量規制
総量規制とは、一人あたりの借り入れ金額に規制をかけることです。
1店舗で50万円以上を融資する場合、又は他社と合計して100万円を超える場合は、収入証明が必要となり、借り入れ総額が年収の3分の1を超える場合は、融資をしてはならないというものです。

2.信用情報機関の一元化
上の総量規制の関係で、現在33ある個人信用情報センターが1つに統一されることになりました。

3.貸金業協会の1本化
今までは、各都道府県ごとに設置されておりましたが、日本貸金業協会として1本化されることになりました。



学生ローン.comトップ